引っ越しで苦労すること

学生時代、引っ越しを何度か経験したことがあります。そこで苦労したのが荷物の整理で、直前になってよく慌てました。まず一度に運べる荷物の量は限りがあるのです。この量は引越し先のスペース、引っ越し費用によって異なります。なので、当日や前日に慌てないためにも、時間に余裕を持って荷物をまとめたり、断捨離することをオススメします。そしてゴミ捨てにも注意が必要です。燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミなど仕分けなければいけないので、これも前もって準備をする必要があります。スケジュールの都合でどうしてもゴミ捨ての日を調整できない場合は、大家さんや管理人、ご近所の人にお願いをして捨ててもらうと良いでしょう。

b00882b0bea51ffd06e42f6fdfc878fd_s

そして、学生や新社会人の場合、春に引っ越すことがほとんどです。この時期は引越し業者は多くの依頼を受けているので、あっという間に予約が埋まっていることがあるのです。希望日通り、スムーズに引っ越しを進めるためにも、スケジュールは早めに立てておきましょう。

万が一、業者に頼めないといった場合には、友人知人に頼むのも良いでしょう。大型車を持っている人がいるかもしれませんし、いい車を貸してくれる知り合いを紹介してくれる可能性もあります。この場合、うまくいけば無料でやってくれるかもしれません。それでも、お礼として食べ物を奢るくらいのことはしておいたおいたほうが礼儀として考えたほうが良いでしょう。

また、引越し先にどうやって荷物を配置するかも考えておくと良いでしょう。引っ越し当日は疲れ果て、ダンボールだらけの状態で生活することがよくあります。すぐ使用する荷物はすぐ箱から取り出せるようにしておくと無難です。